CHU-GIRIN

中途半端に使えるIT技集「中技林CHU-GIRIN」

「ココロオドル」当時は刺さらなったけどTHE FIRST TAKE観て感動した話(nobodyknows+)

 本ページはプロモーションが含まれています

 

アッパーな曲こそ今の日本に必要な気がする

 

IT従事者押しな当ブログですが、中の人はバンド(ドラム)を個人的に趣味で続けていました。今も毎日音楽を聴いて生活をしています。

 

最近「THE FIRST TAKE」を徘徊していた時に見つけて、思わず「これが音楽だわ」と思ってしまった曲について今回記事にします。お付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

ココロオドルで本当に心躍った件

 



当時は大っ嫌いだった「ジャパニーズHIPHOP」

 

皆どうせカラーギャングとかでしょ!?」と嫌悪感むき出しだった20代。

 

当時は音楽的に韻を踏むことやリズムに合わせて言葉を詰め込む難しさについて理解していなかったあの頃、自分はジャパニーズHIPHOPが大嫌いでした。

 

世の中的な流行りで楽曲が溢れて

 

ああ、R&Bとかは好きだけど、やっぱりHIPHOP嫌いだわ

 

とより嫌悪感が加速してました。そんな2004年にこの曲がリリースされました。

 

 


www.youtube.com

 

 

「また輩が出て来た」と当時はヒットチャートを見ながら悪態をついてました。

 

特にこのPVを見たときは「やっぱりカラーギャングだ!女のことしか見てない!」と音楽を軽く見られたと勘違いし、一人で頑なに聴かなかったことがありました。

 

 

 

2022年に「THE FIRST TAKE」でリバイバルヒット

 

そんな2004年から18年後の2022年

 

アーティストが一発撮りで楽曲をパフォーマンスする「THE FIRST TAKE」にて、当時たまたま日本を離れていたメンバーの1人が帰国していたタイミングでこのテイクは撮られて配信されたそうです。

 

 


www.youtube.com

 

自分は、ただ懐かしさだけで再生したんですけど

 

めちゃくちゃ音楽してる…これこそライブだ!

 

評価が裏返った途端に彼らを好きになってしまったんです。(消費者・ユーザーは本当に気が楽なポジションです。嫌いとか好きとか平気で言えてしまうんですから。)当時あれだけ嫌悪感を抱いて悪態をついていたのに…本当に身勝手なやつです。

 

 

 

年月が培ったものと変わらないもの

 

メンバーの方々が「いい年のとりかた」をしていて線が太くなったというか、安定感のような貫禄が増していて、当時観たPVとは全然違う(いい意味で)落ち着いた雰囲気が非常に好感が持てました。

 

ただ変わらなかったことは「楽しさ」とやはり「楽曲の良さ」でした。

 

特にメンバーが皆おっさんの状態なのもあって「バカっぽさが抜けた」「ギラギラ感がなくなった」でも「無邪気に笑って、友達と盛り上がっている」という絶妙のバランスがこのテイクにはありました。(本当にすいません。いい意味で)

 

 

この楽曲でのリズムパターンとテンポは「ウォーキングに最適」

 

ベースが16ビートですが、パターン的には「クラーベ」(ラテンとかサンバとかルンバとかに使われているもの)でノリノリです。

 

ただ、歌がめちゃくちゃ難しいです。ちゃんとバックビートを感じられないと歌えないと思います。歌詞の符割りに色々なパターンがあるので…ただカラオケで歌うと絶対盛り上がるんだろうなと思います(コロナから全く行ってないですが)

 

この曲のテンポが「BPM113」のミドルテンポに入る部類なので、「ウォーキングで聴くときなどに最適なテンポ」でもあります。

 

 

 

 

 

 

歌詞に意味がないほうがいい

 

ノリノリな楽曲で、歌詞に至っては「パーティーやろうぜ」というハッチャけた内容です。ただリズムがしっかりしてますし、HIPHOP特有のリズム遊びと韻を感じられれば役目を果たしていると思います。

 

とにかく元気になる曲で、いつの間にか出勤時は必ず聴く曲になってしまいました。

 

 

 

間違ってもいい。むしろそれが音楽

 

今回のテイクで間違いが2回ほどあります。でも音楽って「生もの」なんです。CDや配信などは「間違いがないお手本」的なテイクです。要は「完品」ですよね。

 

商品などでは自分も「完品」を求めますが、こと音楽に関しては「ライブ(生もの)」に魅力を感じます。発声や呼吸が感じられたり、テンポが速くなったり…その場の臨場感を感じることは非常に楽しいです。

 

何故かそのような感動をこのテイクで感じました。注目して欲しいのはメンバーが間違った後の周りのメンバーの反応と笑顔です。ここに自分がバンド自体に求めていたグルーヴに近い連帯感と心地よさを感じたのです。

 

 

コロナ、物価高、こんな今だからこそ「ただ楽しくなれる曲」は必要です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回は自分が最近感動した楽曲「ココロオドル」について記事にしました。

 

 

 

若気の至りではありましたが、HIPHOPを否定してしまったのは自分の「音楽の幅を狭めた」結果になってしまいました。もっと聴いておけば良かったと思いましたね。

 

これからも時間はあるので色々と聴いてみたいと思います。また気になった楽曲があったら別の記事にしたいと思います。

 

以上、おっさんになって気が付いた楽曲のすばらしさ「ココロオドル」についてでした。