Xserver【7/4まで最大30%OFF】+お友達紹介プログラム【最大10,000円OFF】

【コスモウォーターレビュー】月額4,214円でサービスと機能が充実してるから3年使ってる話

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

次男が誕生するタイミングで「ウォーターサーバー」を契約してから約3年が経過しました。今回はウォーターサーバーを契約した理由とチェック項目、3年使ってみてわかった「メリットとデメリット」を記事にしたいと思います。

参考程度にお読みください。

目次

ウォーターサーバーを設置した理由

きっかけはやはり子供の存在

水のペットボトルを買うこと自体否定派だった自分が「ウォーターサーバー」を置く未来なんて全く想像もしていませんでした。

自分が契約した理由

  • 次男のミルク作り
  • 長男の水筒用飲み水
  • 給水サービスが面倒

ベタな理由ですけど、そもそもこういう理由がないと検討すらしなかったわけです。

次男のミルク作りのため

以前まではポットでお湯を作ってましたが、「カルキ臭い」「2リットルまでしか作れない」というデメリットがありました。(夜中にお湯がなくなったときは地獄です)長男もまだ幼かったので、彼を起こさないように、次男の鳴き声を極力少なくするため「効率的に水とお湯が用意できる」環境が必要でした。

長男の水筒問題のため

長男が幼稚園のプレ参加をし始めた時期でもありました、幼稚園の指定飲料って「水」か「お茶」なんですよね。たまに「お茶もダメです」ってところもあります。ジュース離れも考慮して、ウォーターサーバーの必要性が次第に強くなっていきました。

スーパーの給水サービスが面倒

スーパーなどで見かける「専用ボトルを買って水を汲むサービス」があります。試してみたんですけど、これがめちゃくちゃ面倒です。有料ボトル(2~3リットルくらい)を一度購入すれば水は無料でいいのですが、そもそも汲みに行く、それを家まで運ぶのはかなり面倒で億劫になりました。(店舗によっては水が有料な場合もあります)

以上を加味すると「ウォーターサーバーのほうがいいのでは?」と考えるのが当然です。なので契約するにあたり自分なりに条件を立ててみました。

ウォーターサーバーの選び方

当時資料をあさって考えた自分なりの基準は以下になります。

個人的マスト機能

  • シンプルに水とお湯が出るもの
  • 自動洗浄、メンテナンス
  • 水の取付位置が足元
  • チャイルドロック

水とお湯さえ出ればいい

温度設定(70度が適温らしい)が出来ると便利かもしれませんが、ミルクを作る場合は、結局冷ます必要があって温度設定機能は必要ないと思いました。(実際、ミルクを作るときに熱湯である程度溶かして水を入れれば素早く作れます。)

内部洗浄は自動一択

洗浄は「定期的にサーバーが勝手に内部を洗浄してくれる」機能がベストです。業者さんが定期的に点検しに来てくださる場合は「対応が面倒」「気を遣う」ので自分的にはあり得ませんでした。(外側や給水口の掃除は自分でやれば問題なし)

またフィルターを送ってくれるサービスもありますが、自分で取付をするのはやっぱり面倒です。

水の取付位置は下じゃないと無理

水の取付位置が上に取り付けるタイプは「嫁さんが上に取り付けるのが厳しい」ので却下です。基本的には自分が設置しますが、自分が不在の時を考えると床置きタイプがいいと思いました。(上に設置するタイプのほうが月額が安いメーカーさんが多いです。)

チャイルドロックは必須機能

子供にとってウォーターサーバーはおもちゃです。特に熱湯が出る恐れがあるので「チャイルドロック」は必須になります。これはどのメーカーでも配慮されているものなので特に問題ないとは思いますが、必ずチェックをしました。

機能的に言えば、どのメーカーさんも標準でついているところが多いです。ただ自動洗浄機能については仕様が異なりますので、なるべく手がかからずに清潔に保てるものを優先しました。

サービス比較項目

サービス比較が一番悩みました。とにかく「お金をかけたくない」「変更やキャンセルはスムーズにしたい」「どうせなら水質も拘りたい」と考えて以下を重要視しました。

  • マイページでの配達内容の修正可否
  • 月額と最小ロット数
  • 水の種類は軟水

マイページで水の追加・中止が完結すべき

配達内容変更を電話でするのは面倒です。マイページ上で「数量変更」「配達スキップ」「追加注文」が全て完結できるものがマストです。(変更後の最短納品が2~3日が理想)変更しても「即時対応」が可能か確認しました。

これ以上余計なお金は払いたくない

設置費用がなく、月額目安が「20リットル・4,000円前後」で検討をしました。勿論余計な手数料(サーバー利用代や水の配送料など)は払いたくありません。また最小ロット数も「月20リットル」位にしました。(スーパーの給水サービスで大体それくらい使っていたので)

【超重要】「配達スキップ」の可否について

消費が少なくて水が余るときがあります。その場合にまた新しい水が定期で来たら「お金がかかる」「置く場所がない」です。配達スキップ可否が出来るもので、なるべく手数料が安いかを確認してください。余計な出費を抑えることが出来ます。

赤ちゃんファーストで水質選択

水の種類は「軟水」一択でした。これは赤ちゃんのミルクに適した水質らしいです。味などは特に気にしてなかったのですぐに決まりました。(あくまで子供ファースト)

最終的に選んだのは「コスモウォーター」

3年使っているので使用感はあります。

全ての条件が一致したのが「コスモウォーター」でした。2022年の7月から契約して、そろそろ3年を迎えますが、めんどくさがり屋な自分が毎日使っています。

【上記記事内で挙げた条件】

  • 水とお湯が出るもの
  • 自動メンテナンス
  • 水の取付位置が足元
  • チャイルドロック
  • マイページでの配達内容の修正可否
  • 月額と最小ロット数
  • 水の種類は軟水

機能面はどこでもほとんど一緒ですが、取付位置、マイページの内容、月額と最小ロット数は様々でした。

メリット

特にメリットを感じたのは下記になります。

  • 24リットルで4214円水代のみで利用可能
  • マイページで追加、変更、配達スキップが完結
  • 配達スキップ手数料が968円
  • 自動洗浄が神

料金プランがシンプル「水代だけ払えばいい」

サーバーの機種問わずに一律水代だけで料金が完結します。うちの場合は最小ロット数の2本(1本12リットル)で4214円のみで済んでいます。定期数量も変更できますし、追加で購入も可能です。

マイページはシンプルで使い勝手がいい

「足りなくなった時の水の追加購入」「定期配送分の数量変更」「定期分の1回分の配達スキップ」がマイページ上で完結します。結果は必ずメールで届くので、後で確認が可能。また追加分の水は「48時間以内」に配達されます。

配達スキップは968円で出来る

水が余ったとき配信スキップがかなり使えます。ただしスキップは1度に1回分のみで、その翌月はスキップできませんのでご注意を。水を余らすことなく、手数料はかかりますが、4,104円を払うよりかは遥かに安いです。

自動洗浄は楽過ぎて神

毎日22時になるとサーバーが勝手に洗浄モードに切り替わります。3年経ってますが汚れもなく、嫌な臭いは全くしません。常に綺麗な状態を保っています。

ボトル真空構造:ボトルからお水が出る際にボトルが変形して空気が入らないような構造になっている。雑菌やホコリの侵入を防げる。

エアフィルター:外からウォーターサーバー内に空気を取り込む時に、雑菌やホコリが入らないようにするフィルターが取り付けられている。

熱水循環機能:定期的にウォーターサーバーの内部に熱水を循環させることで、カビや雑菌の繁殖を抑えることができる。

UV除菌ライト:ウォーターサーバー内に設置されたUVライトを照射することで、カビや雑菌を消毒することができる。

©コスモウォーター「メンテナンス不要タイプ」説明文より引用

ミルクが終われば解約のはずだったけど

結局今も使ってます。おいしい水が手軽に飲めるのもありますが、大人の我々も水出し系の飲み物を飲む機会が飛躍的に増えます。そうするとペットボトル飲料などを買う頻度が激減します。子供のジュースの代わりとして水を飲む習慣が出来て健康面にもお財布的にも良いと思います。(最近飲み物高いので)

以上のメリットで今も継続して利用しているわけです。

デメリット

いいことばかりではないです。自分の中でちょっと残念だった点は下記になります。

  • マイページがシンプル過ぎる
  • 床置きタイプでも水は重い
  • 水のタンクがデカい

マイページがシンプルだが情報が無さすぎる

実際の画面。非常にシンプル

契約者情報内に「契約継続期間」などの記載がなかったり、商品説明やお得情報は比較的少ないと感じてます。プラットフォームというよりかは「注文特化型」なインターフェース、悪く言えば「遊んでない」サイトになります。

床置きでも、重いものは重い

自分が設置する分には楽ですが、女性は結局重いらしいです。

1本12キロありますので、重いです。ただ設置についてはやはり上に載せるタイプに比べたら比較にならないくらい楽にはなります。ただ玄関から距離があると…どのみち運ぶのは自分の仕事になるわけです。(これはどのサーバーでも同じことですが)

使い終わったペットボトルがデカい

一般的な2リットルペットボトルに比べたらデカいです。ある程度コンパクトになりますが…それでも45リットルごみ袋に入れると結構かさばります。(ウォーターサーバーのおかげで他のペットボトルが減ったのでそこまで問題ではありませんが。)

デメリットっぽいデメリットはあくまで「ウォーターサーバー」全般に言えることになります。これはどのサービスを選択しても同じだと思います。

まとめ

現時点で解約する予定はありませんが、コスモウォーターの場合は2年未満の利用期間の場合は解約金16,500円がかかります。(2年以上利用の場合は解約金はかかりません)

ウォーターサーバーのある生活は健康面だけではなく「めんどくさいことを回避する手段」「家族の健康維持」「子供のジュース離れ」としてはコスパが良いと思いますので、一度ご検討されることをおすすめします。

以上、意外と役に立つウォーターサーバーについてでした。

この記事を書いた人

DRO
IT業界歴数十年。普段はITインフラやDX化等のコンサルタントをする何でも屋な情報システム部で仕事をしてます。二人の息子の父親。ゲームやPC、ガジェットが好きな40代。最近はFallout、龍が如く関連の記事が多めです。あと、犬が好き。

当ブログのWordpressテーマ

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次